【動画付き】内ももの付け根のたるみをとって綺麗な隙間を作るエクササイズ7選

美脚

美脚の条件

「すごい綺麗な美脚じゃなくてもいい、でも内もものたるみだけはなんとかしたい」

こんな風に内もものたるみに悩んでいませんか?

脚の中でもたるみやすい内もも。内もものたるみが気になる女性は多くいますが、反対に外ももがたるんでいるという人はまずいません。

これがどういうことか分かりますか?

単純に日常生活で内ももが使われていない、反対側の外ももがよく使われているということです。この記事では、内ももが使われない理由と内ももを引き締めるためのエクササイズをご紹介します。

 

内ももとは

内ももとは、通常太ももの内側のことを指し、内転筋群という筋肉のことを言います。内転筋群は「大内転筋・長内転筋・短内転筋・薄筋・恥骨筋」の5つの筋肉の総称です。

内転筋群のそれぞれの筋肉は個々で微妙に違いますが、基本的に股関節内転(太ももを閉じる)動作に大きく関わります。内転筋群股関節 動き

 

大内転筋

内転筋群の中で最も大きな筋肉で、最も内転作用が強い筋肉です。主な働きは股関節の内転や内旋です。内もものたるみの解消には、特にこの大内転筋を鍛えることが重要になります。

【日常生活の主な動作】
股(太もも)を閉じる、膝を開いた状態での立ちしゃがみ。

 

長内転筋

大内転筋の前側に位置し、起始部が骨盤の前側(恥骨上肢)にあるので、股関節の屈曲にも関与しています。

【日常生活の主な動作】
股(太もも)閉じる、太ももを閉じて引き付ける動作

 

短内転筋

通常は長内転筋とともに働き、股関節の内転作用に関与します。

【日常生活の主な動作】
股(太もも)を閉じる、太ももを閉じて引き付ける動作

 

薄筋

筋肉の停止部が脛骨の内側面で、膝関節をまたいでいるので膝の動きにも関与します。

【日常生活の主な動作】
正座など両脚を曲げて膝を深く曲げる動きなど。

 

恥骨筋

内転筋群のなかで最も上部に位置する筋肉。

【日常生活の主な動作】
股(太もも)を閉じる、歩行など太ももを前方に振る動作。

 

内ももがたるむ原因

内ももがたるむ原因には次のようなことが挙げられます。

日常生活で使うことが少ない

内ももを使う主な動きは脚を「内転(内側に動かす)」「内旋(内側に捻る)」ことです。日常ではあまりこういった動きはしません。あまり使わないからたるみやすくなるのです。

 

足裏の重心が外側にかかっている

足裏の重心が外側にかかっていると、脚の外側の筋肉で支えるような形になり、立っているときや歩いている時など、内ももが使われにくくなるので、「外ももが張り内ももがたるむ」といった状態になりやすくなります。

【靴の裏をチェック】

ヒールなどでは分かりにくいですが、普段履いている靴の裏をチェックしてみてください。均等に減っていれば大丈夫です。反対に外側やかかとばかりが減っている場合は、内ももが使われていない証拠です。(足裏の重心バランスの崩れは、身体の歪みなど様々なトラブルを引き起こします)

 

骨盤が後傾している

骨盤が後傾すると膝が外に開きやすくO脚のような形になります。そうなると太ももの外側ばかりが使われ、内ももがたるみやすくなります。デスクワークの時、あるいは普段座っている時にお腹が潰れて背中が丸まっている人は骨盤が後傾しやすくなってしまいます。

女性の場合、産後骨盤の歪みが治らず、その影響から内ももが働きにくくなり、たるんでしまうケースもあります。

 

内ももの筋力低下の影響

内ももの筋力低下は見た目や健康など多くの影響を及ぼします。

見栄えが悪くなる

内ももがたるんでいる場合、太ももの外側は筋肉が張っていることがよくあります。そうすると余計に脚が太く見えてしまいます。

 

O脚になりやすい

O脚の原因の一つが太もも内側の筋力低下です。内ももの筋力が低下すると、だんだん膝が外に開いてきてしまいO脚になりやすくなります。O脚になると見た目の悪さや膝痛や腰痛の原因にもなります。

 

膝痛

膝痛の多くは筋力低下から起こります。筋力が低下すると関節を動かす際に、関節自体に負担がかかりやすくなります。特に内ももの筋力が低下すると、立っている時や歩いている時、その他動かす時のバランスが崩れやすくなります。

そうすると、膝の内側や外側など局所的に負担がかかるようになってしまい、クッションとなる軟骨がすり減り痛みを引き起こしてしまうのです。

 

内ももを引き締めるエクササイズ

 

まとめ

綺麗な内ももを作り維持していくためには、「内ももを鍛えること」と日常で内腿が働きやすい身体バランスを作っていくことが大切です。

今回は自宅でもできる、内もも引き締めのエクササイズをご紹介しましたが、まずは1〜2日おきに実践してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です